冊子印刷に便利なツールを使ってみよう

Posted at 5:41 pm in

冊子印刷には色々な方法があります。一番簡単なのが袋とじ印刷。これは印刷準備も簡単で、ページ順になるようにならべ、あとはそのまま折ってページごとにならべるだけで、手間は少ないですが、どうしても厚み分中央部が重なってしまうため、見栄え的にはあまりいいとは言えないでしょう。素人が作成しても、作り方によってはプロの作成したカタログに負けないぐらいの見栄えがする、中綴じ印刷は、便利ですが作業に慣れていない人だと、ページを組むのが難しく、うっかり印刷を間違えてしまって、冊子にしたらページ順がおかしくなってしまったということにもなりかねません。(中綴じ冊子とは紙の裏表に印刷し、重ねた中央をホッチキスなどでまとめたモノで、一般的な薄めのパンフレットやカタログがこの形式です)そこで便利なのが、小冊子印刷用の支援ツールです。マイナーなソフトかなにか?と思われそうですが、ビジネスで利用されることも多い、AdobeReaderにそれは含まれています。ツールバーから「印刷」を選びただし、ページ処理で「小冊子の印刷」を選び表側印刷→裏側印刷を指示するだけで済むのですから、便利ですね。ただし、これはAdobeReaderの8以降にしか含まれていない機能ですので、ご注意ください。

主な冊子印刷ツール機能について。

それまでずっと印刷を行ってみたいっていう風に考えては来ていたけれども実現可能にするっていうことは困難となってしまっていたっていう印刷の対象っていうのはほかでもなく分厚くなってしまっていたりページ数も本当に多くなってしまっているっていう事が要因となってしまって印刷の作業が困難となってしまっていたっていう冊子という存在になっているのですけれども、現在の最先端技術が発達していってくれているという甲斐があって、こういう冊子であるにしていても冊子印刷ツールという非常に便利になっていてまことに素晴らしい冊子印刷ツールということが登場してくれているのですけれども、皆様の中にはきっとこういう冊子印刷ツールのその主な機能性がいかなることになっているのだろうかっていう風に思っているっていう方だって少なくないと思うのですけれども、冊子印刷ツールの機能性っていうのは本当に素晴らしい機能性に優れていて、いかなる冊子であるにしていてもちゃんと印刷の作業を執り行えてくれていて、印刷後もきれいに仕上げるっていうことができてしまっているという風にその機能性にも本当に優れてくれていますから安心しながら冊子印刷ができるのです。