自費出版はブログを書いている人にお勧めです。

Posted at 3:03 pm in

ブログを書いている人は自分の過去の日記や記載した事がとても大切なものになっているはずです。昔だったら手帳に書いたり日記帳に書いたりして形で残って手元にあった物をネットに書き込んで不特定多数(そうでない場合もありますが)の方に読んでいただいています。読み手の反響が大きかった時などは特に残しておいて読み返して欲しい願望があるのではないでしょうか。これはパソコンや端末を開かないと読めない物です。自分の書いた物を自分史として残しておくには自費出版や簡易書籍が最適ではないでしょうか。過去に私自信が自費出版でネットに投稿した私小説を出版しています。やがて、多分先にいなくなる自分達の親や兄弟の事を子供達に忘れて欲しくなかったからです。ブログを書いている人は多かれ少なかれ自分の事を誰かに知ってもらいたいとか、自分の思っている事を理解してほしいとか、自分の知識を広く知ってもらいたいとか、そんな事で続けているのですから自費出版は最善の方法でしょう。

自費出版について考える

自費出版とは、書籍をはじめとする何らかのメディアで、著者が自分で費用を出して出版することで、これにはメリット・デメリットが存在します。まずメリットとしては、自分の作品を自由に出版できることです。最近ではインターネットで絵や詩吟、自分史などといったものが出されていて直接利益になることが多く、出版会社を通じないので契約など少し面倒なことが契約するのとくらべて少ないのが特徴です。デメリットは、自分で出版することから数が必然的に少なくなるのと、ビジネス系の知識が多少必要になることです。しかし最近では本での出版が減りインターネットなどの電子化が進みコスト的によい傾向にあります。宣伝がネットの口コミや広告なので人の目につきやすく、以前まであまり人気の出なかった自費出版でしたが最近になって勢いが増してきている傾向にあります。

自費出版を安価に抑える方法

インターネットが発達している世の中では、誰しもが情報を発信することが出来ます。しかもそれを世界中で見ることが可能です。しかし自分の書いた事をきちんと形にして出版したいという人も居られるでしょう。そうなると出版会社から本を出すことになりますが、これはハードルが高いです。そんな方のために自費出版があります。自費出版とは、呼んで字の如くお金は自分持ちで出版することです。なのでお金は結構かかります。しかも流通ルートが個人にはなかなかないので売るのが難しいです。しかし自分の好きなことを書いて出版できるのはとても魅力的でしょう。金銭的には厳しいと感じられる方には、電子書籍で発売する形もあります。これだと制作費用がとても抑えられるのでハードルが下がります。インターネットを使えば自費出版も夢ではなくなります。ぜひともチャレンジしてください。

風詠社は自費出版したい方をフルサポートする会社です。 出版費用は、本の判型、ページ数、発行部数、カラー頁の有無などで様々です。 高品質でも低価格で出来る自費出版を実現します。 出版費用は、本の判型、ページ数、発行部数、カラー頁の有無などで異なります。詳細な見積をお出しします。 主力商品・サービスは優勝カップで、様々な材質やデザインのカップを取り揃え、要望に応じてオリジナル彫刻を施して販売しています。